「フェラーリ」

「Ferrari」 やっぱこちらですかね。

F1好き、スポーツカー好きにとっては誰しもの憧れの車ですよね。。

一度は乗ってみたいと思う人は多いのではないでしょうか??

スーパーカー世代のど真ん中の私もそうでした。苦節XY年フェラーリを手に入れることができ日々ハッピーな毎日を過ごしています。まさにパワーフードならぬパワーカーです。

買うなら新車か中古かというのはありますが、これは人それぞれの考え方もありますからねどちらが良い悪いではないと思います。

何せ中古だと即納ですからね。下手すりゃそのまま乗って帰れるわけですから。

今、そのフェラーリの中で一番人気の車は、新しくV8ターボエンジンになった

「488GTB」

私も気になってましたがこちらを見てノックアウトされました。新しすぎて中古車も出回ってない状況でしたから、新車でオーダーです。

そして新車で買うと色々な特典がついてくるのもまた良いところです。

  • まずはきめ細かい自分好みのオーダーが可能
  • Ferrari本社からのコンタクト
  • おしゃれなCIで統一された正規ディーラーでの至福の時間withお茶(フリー)

まずはオーダーですが大モニター画面を使いかなり細かく実車のイメージをつかむことができます。

車種を決めたらまずは外装色と内装色ですが、これが半端なく組み合わせがあってよっぽど好みがはっきりしていれば良いのですが軸がないとブレるブレる。。ただこの時間は脳内の妄想モードが出まくりで至福感は半端ないですね。ここが車を所有してから売却するまでのプロセスで最高の時だと断言する方もいらっしゃるくらいです。

この仮オーダーにおける仕様決めが終わると、まずは予約金を振り込みます。本気ですよということですね。

特に人気の488では仮オーダーしてから本オーダーになるまで時間がかかりますので予約金がないとディーラーとしても冷やかしの人が来て困るということなのでしょう。ただし仮オーダーの間ではいつでもキャンセルすることが可能です。もちろん予約金は全額戻ってきます。だから本オーダーまでの長い待ち時間の間に気が変わっても大丈夫なんですね。

実際に私も仮オーダーしてから本オーダーに至るまで1年以上かかりました。それだけ待ち行列が長いということですが凄いビジネスモデルですね。日本のどこかの車メーカーとは対極です。

本オーダーの段階になるとイタリアのフェラーリ本社への発注になりますのでここからは引き返せません。本オーダーを入れるとあとは意外と早くて途中経過のお知らせとして、

フェラーリ本社からこんな写真が送られてきます。こういう心遣いはありがたいですね。

この状態ではどの車も同じでしょうが。。そして

なんかそれっぽくなってきましたよ。

そしてそして、完成です。間違いなく作られたようです。

ここから車は船便でくるわけですが、会えなかった恋人を待つ時間のように毎日ウキウキです。こういう気分って人間いくつになっても大切ですよね。まさに夢を売るビジネスモデルですね。

そしていよいよ納車となるわけですが、良き日取りを段取りしてナンバーを決めて等々、、

納車されると、どうでしょうか。

念願の恋人とついに会えたという喜びはあるのですが、、

待ってる時の方が友人たちとあーだこーだと言ったり試乗車に乗りまくったりして意外と楽しかったりして。。(笑)

 

さらに納車後のお楽しみの記事はこちらです。

フェラーリ488GTBの納車されてからのお楽しみは

富士スピードウェイの広大な駐車場でトレーニングしてきました。

フェラーリ488GTBでの広場トレーニング

 

6+