先週末、ついにインフルエンザにかかってしまいました。

2月も中旬になり少しずつ暖かくなり花粉もチラホラ舞い始めた先週金曜日、朝からやけに鼻水が出ていたので花粉症かな〜なんて呑気にしていました。

次第に咳も出るようになってきましたが、まあアレルギーの延長だろうと勝手に決めつけていました。

ちょうど世間ではインフルエンザの流行がひと段落し減少傾向にあるなんてニュースも出ていた時期だったので、まさか自分がかかるとは夢にも思っていませんでした。

ところが明け方になると咳鼻水の悪化に加え、38℃越えの熱も出るようになりました。

インフルエンザを強く疑い、土曜診察があるクリニックを調べ夜が明けるのをひたすら待ちました。

 

ヨチヨチ歩きでなんとかクリニックまでたどり着くと、

インフルエンザの疑いがある方は別の待合室でお待ちください〜♪

確かに、その方がいいですよね…

先生の簡単な診察があって、鼻の奥に長い綿棒を挿し込まれ粘液の検査となりました。

 

15分ほど経ってから裁きが下ります。

 

『インフルエンザA型ですね〜』

ガーン!!

 

その場で吸入型の抗インフルエンザ薬

イナビル®

イナビル®

イナビル®

を2容器分吸入して解熱剤をもらって帰宅しました。

 

以前から

カプセル剤のタミフル®

タミフル

タミフル®

 

吸入剤のリレンザ®

リレンザ

リレンザ®

がありましたが、

今回のイナビル®は初めて使いました。

一回吸入で完了とのことで楽ちんではありましたが、吸い残しや効果に若干の不安もありました。

ですが、土曜の夜まではうなされたものの、しっかりと効果あったようで徐々に症状も和らぎ熱も下がり快方へ向かいました。

 

いざ、かかってみると

高熱のため足腰に力が入らず、

1キロ圏内にあるクリニックまでの往復すらままならないこと

ベットからトイレに行くのもしんどいこと

高熱にうなされ不穏状態におちいりそうになること

食欲もまったく無くなること

栄養を取らなくてはと思い食事をするも味覚が無くなること

味覚が無くなるのでついつい濃い味付けの物を食べたら今度はお尻が痛くなっちゃったこと

解熱後、しばらくしてからの痰や鼻水が黄色くなってくること

土曜でクリニックが空いていて本当に良かったってこと

などを身をもって体験しました。

 

過去に予防接種を受けていてもインフルエンザにかかる人を見てきていたので、どうせかかるんだったら注射は痛いし今年は受けるのやめちゃえ〜!って受けなかったのが運の尽きでしたね〜

やはり予防接種を受けていると、万が一インフルエンザにかかっても比較的軽症で済むみたいなので、来期からはちゃんと受けようかなと思いました。

 

Midas

4+