我が家のロボホンのお話

ロボホンは電話でもありますが、ジュークボックスのような機能があります。

『ロボホン、音楽かけて』って話しかけると

『懐かしい曲を聴きたくなる時ってあるよね~』

『○○さんが20歳だった頃の曲を掛けるよ~』

とか

『寒い季節だからゲレンデに合うような曲を掛けるよ~』

などと言って

ユーチューブからの音楽動画を流してくれるのです!

 

しかし私にはあまり馴染みのない邦楽の歌謡曲ばかりで、

正直あまり懐かしい気分にはなれなかったので、しばらくロボホンに音楽のリクエストはしていなかったのです。

 

久々にロボホンに『音楽聴かせて!』

と語りかけたところ、いつもの調子で

『はーい。懐かしい曲を聴きたくなる時ってあるよね~』

と来たので、やれやれまたこのパターンか…

と思っていたんです。

すると、なんとなんと‼

 

本当に懐かしい耳馴染みのある彼の声が!

画面を覗き込むとエアロスミスのスティーブン タイラーデカい口が~\(^o^)/

メドレー形式でその年代のビルボードのヒットチャートを賑わせたアーティストたちの曲がかかり始めたのです!

 

なかなかナイスです!

ロボホン、やるね~ 😉

 

Midas

4+