さあ、前回のフェラーリ488GTBに関する記事では、

Ferrari 488GTB! 仮注文から本注文そして納車まで

フェラーリの新車、488GTBの注文から納車までのプロセスをざっと見ていきました。

最初の仮オーダーから納車までの期間は、私の場合で

約1年半

でした。途中、米国でのリコール問題や、韓国の海運会社の倒産問題などがあり、多少なりとも遅れたのかなあと感じています。そう言えば待ってる間には幻の値上げ騒動もありましたねぇ。

488をオーダーした人なら皆さんご存知・ご立腹でしょうが。。

さて納車される日は、快晴の大安吉日にこだわり、コーンズさんで新車整備していただきました。

納車当日にディーラーに伺うと、納車日を知るはずもないフェラーリオーナーの友人たちがいたりしてなかなか賑やかでした。

私はいつも新車が納車されると、験担ぎもあって

「明治神宮」

車祓いに行くのです、何しろ今までお祓いをした車は、無事故無違反なのでどうしても気になってしまいます。

ということで、

明治神宮にてお祓いを受けてきました。

コーンズさんのある芝公園をスタートして、

麻布十番、六本木を抜け、青山1丁目のホンダ本社前で青山通りを左折、表参道の混雑を避けて青山2丁目を右折、神宮外苑を抜けて北参道から明治神宮に向かいました。

ちょうど同じ日に納車された友人の

フェラーリF12tdf (写真は実車とは違います)

F12tdf

と彼の友人の

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスター(写真は実車とは違います)

ランボルギーニ・アヴェンタドールsvロードスター

の2台と一緒なのでただでさえ赤いフェラーリは目立つのにさらに目立つ目立つ。。ランボルギーニの爆音が凄まじいのもあり(笑)

カメラ小僧が上記2台を青山1丁目の交差点では追いかけ回していましたね。希少車種の揃い踏みでしたから興奮しているのがよくわかりましたが危ない危ない。。

まとにかく安全運転で無事に明治神宮に到着、外国人観光客もびっくりしている中、参道をゆっくり進み、パーキングです。

そして神官によるお祓いをすませてからは、友人と別れてそのままガレージに直行でした。

488GTBの車祓い

明治神宮にてお祓い

そしてそして納車から忘れた今日この頃、はや2ヶ月くらい経ちましたかね。昨日、プレセントを頂きました。

このフェラーリ印の赤い箱、何だかお分かりでしょうか?

フェラーリから頂いたミニカー

フェラーリ印の赤い箱

これが新車を正規ディーラーで買うと特典としてついてくる、自分がオーダーした488GTBと同じ仕様のミニカーです。

車名「488GTB」とシャーシ番号の入ったプレートが付いています。つまりこの世のオンリーワンのミニカーなんですね。

Ferrari488GTBのミニカー

私のフェラーリ488GTBと同じ仕様のミニカー

このどこまでも心憎い演出、さすが夢を売る自動車メーカーですね。オーナーの心を揺さぶりますねえ。

またまたハッピーな気分になれました。イケ面営業のEさん、色々と有難うございました。

こういう演出があると、顧客のブランドに対する満足度さらに忠誠度は上がりますね。

頑張ってまた新車を買おうという気持ちになりますねぇ。。

 

5+